全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

ブリの皮なめして革財布  魚の町氷見市で地域おこし

タグ
氷見産ブリの皮で表面を仕立てた財布(左下)と名刺入れ、キーホルダー
氷見産ブリの皮で表面を仕立てた財布(左下)と名刺入れ、キーホルダー

 冬の富山湾名物の寒ブリなど魚の産地として知られる富山県氷見市で、市地域おこし協力隊員が4年をかけて、ブリを含む魚の皮をなめして加工した「フィッシュレザー」を開発した。一部が捨てられていた魚の皮を有効利用する格好で、商品化を目指した資金調達...

残り578文字/全文698文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年11月26日の主要記事