全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

明日を拓く経営 東海で頑張る中小企業 金子商店 再販スチール缶の品質向上へ SDGs経営アピール 海洋プラ削減効果を提案

再生スチール缶をアピールする金子忠弘取締役
再生スチール缶をアピールする金子忠弘取締役
 スチール缶のリユース事業を手掛ける金子商店(本社名古屋市守山区白沢町76、金子富雄社長、電話052・794・7581)は、SDGs(持続可能な開発目標)経営を本格化する。自社のリユース事業の海洋プラスチック削減効果をアピールしていく。リユース利用拡大のために再販スチール缶の品質向上を図り、近く新設備も導入する。新たな取り組みを通じて、数年後に現在の1・5倍となる2億円の年商を目指す。
残り619文字/全文813文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年11月25日の主要記事