全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

新著の余録 又吉直樹さん 「人間」 物語の「その後」描く

「小説を書いていて、自分がこれまで考えていなかったことに気付く瞬間が面白いですよね」と話す又吉直樹さん
「小説を書いていて、自分がこれまで考えていなかったことに気付く瞬間が面白いですよね」と話す又吉直樹さん

 「生きている限り、バッドエンドはない。僕達はまだ途中だ」。又吉直樹さんの芥川賞受賞作「火花」の一節だ。その刊行から4年半。3作目の小説にして初の長編「人間」で描こうとしたのは、一度終わった物語の「その後」だという。
 「大学で...

残り735文字/全文855文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年11月23日の主要記事