全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

榮製機 複数材料の同時固定実現 放電加工用新型治具を開発 作業時間短縮 連続操業可能に

複数の材料を同時に固定できる新型治具
複数の材料を同時に固定できる新型治具
 治具製作などを手掛ける榮製機(本社豊川市伊奈町佐脇原68、塩野泰弘社長、電話0533・73・1190)は、ワイヤ放電加工の効率を高める新型の材料固定治具を開発し、発売した。これまでは材料を一つずつ固定して加工していたが、新型治具では複数の材料を同時に固定できる。作業者が材料を固定するのに要する時間を減らし、長時間にわたり連続してワイヤ放電加工機を操業させることができる。工場の省力化ニーズを取り込む狙いだ。
残り425文字/全文630文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年11月22日の主要記事