全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

東海3県の航空機動向 18年度の売上高4%増 帝国データ名支店調べ 損益は二極化進む

 帝国データバンク名古屋支店が20日発表した東海3県(愛知、岐阜、三重)の航空機産業動向調査によると、2018年度の関連企業78社の売上高合計が前年度比4・2%増の2515億円3800万円だった。純損益合計は赤字幅が縮小したが、増益と減益が固定化し、二極化が進んだ。
残り463文字/全文596文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年11月21日の主要記事