全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

トヨタ、新小型SUV 東北2工場で並行生産 増産余力を確保

タグ
新小型SUVの生産が計画されているトヨタ自動車東日本(写真は宮城大衡工場)
新小型SUVの生産が計画されているトヨタ自動車東日本(写真は宮城大衡工場)
 トヨタ自動車は、2020年夏に新型の小型SUV(スポーツタイプ多目的車)を東北の生産子会社、トヨタ自動車東日本(本社宮城県大衡村、略称TMEJ)の2工場でブリッジ(並行)生産することを決めた。SUV人気を背景に増産余力を確保するものとみられる。生産計画台数も当初計画から積み上げており、ピーク時には計画比約2倍となる月間9千台超の生産を可能にする見通しだ。
残り947文字/全文1126文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年11月21日の主要記事