全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

タイムオートマシン 台車の高さ 電動で調節 1月発売、運搬作業など負担軽減 自社製品強化、工場稼働を平準化

17~75センチの範囲でテーブルを昇降できる
17~75センチの範囲でテーブルを昇降できる
 自動化設備メーカーのタイムオートマシン(本社関市巾3の42の1、小島重威社長、電話0575・23・4585)は、テーブルの高さを自動調節できる台車「キャリスター」を来年1月に発売する。生産ラインの仕掛品や倉庫の荷物などを運搬・使用する際に、作業者が腰をかがめたり荷物を持ち上げたりする負担を軽減できる製品。同社では、自社製品を強化することで工場の稼働を平準化し、業績の安定化を図る。
残り564文字/全文756文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年11月20日の主要記事