全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

本多電子 超音波センサー外販へ 単体で供給、新事業に育成 23年9月期売上高10億円目指す

医療診断装置の超音波センサー
医療診断装置の超音波センサー
 魚群探知機などを手掛ける本多電子(本社豊橋市大岩町小山塚20、本多洋介社長、電話0532・41・2511)は、2020年9月までに超音波センサーの外販に乗り出す。現在は魚群探知機や医療診断装置など自社製品に搭載しているが、単体で販売することで収益の柱の一つに育てる。23年9月期に超音波センサーの売上高10億円を目指す。
残り487文字/全文648文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年11月19日の主要記事