全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

地球に生きる 第8部南極観測 60年以上続く歴史 第61次観測隊27日出発 官民から英知地球の変化探る

南極・昭和基地=2017年1月(共同)
南極・昭和基地=2017年1月(共同)

 日本から1万キロ以上離れた氷の大地、南極。戦後、日本政府が初めて観測隊を派遣したのは1956年で、その歴史は60年以上に及ぶ。人間の活動がほとんどない極地は、地球環境の変化を知るためのデータを取るのに適しており、これまでに延べ3千人以上の...

残り3309文字/全文3429文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年11月18日の主要記事