全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

ダイナゴン、主力のパッケージ刷新 新規販路拡大、価格改定も計画 5年後売上高1.5倍へ

パッケージデザインを刷新する一口サイズタイプの「ダイナゴン」
パッケージデザインを刷新する一口サイズタイプの「ダイナゴン」
 和洋菓子製造のダイナゴン(本社名古屋市守山区八反、中島健一朗社長)は、主力の小豆入りカステラ「ダイナゴン」のパッケージデザインを刷新するなど、一部商品のリニューアル効果で販売増を狙う。新規の販路開拓を進めるほか、小豆の価格高騰を踏まえて価格改定も実施する計画で、2024年8月期の売上高を現行比1・5倍に引き上げる方針だ。
残り576文字/全文738文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年11月16日の主要記事