全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

中部地方百貨店に閉鎖の波 10年で8店 人口減が影

地方百貨店の苦境が目立つ
地方百貨店の苦境が目立つ
 全国的な百貨店閉鎖の波が中部地域にも押し寄せている。ヤナゲン大垣本店(大垣市)がことし8月末に閉店したほか、ほの国百貨店(豊橋市)と西武岡崎店(岡崎市)の両店が2020年中に閉店することが決まっている。この10年で実に8店の百貨店がその歴史に幕を下ろすことになる。少子高齢化や人口減少の影響が顕著な地方で特に苦境が目立つ。街の顔というべき百貨店が相次いで姿を消すことで、さらなる街の衰退が懸念される。
残り995文字/全文1196文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年11月16日の主要記事