全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

大阪赤十字病院付属大手前整肢学園・小児科医らチーム 発見率と放射線量が相関 甲状腺がん検査結果を分析

タグ

 東京電力福島第1原発事故の後、福島県が実施した甲状腺検査による甲状腺がんの「発見率」は屋外の放射線量が高かった市町村ほど高い―。大阪赤十字病院付属大手前整肢学園の小児科医、山本英彦さんとドイツ環境保健研究センターなどのチームはそんな研究結...

残り588文字/全文708文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年11月15日の主要記事