全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

人件費上昇の対策急ぐ 中部の外食企業 省力化機械を導入少数精鋭新業態も

アクトコミュニティのセルフ式焼き肉店「肉の夜市」では、客自身が注文したメニューを取りに行く
アクトコミュニティのセルフ式焼き肉店「肉の夜市」では、客自身が注文したメニューを取りに行く
 中部の外食企業が、人件費上昇の対応に追われている。2019年4~9月期決算では、労働需給ひっ迫による人件費上昇を主な理由に赤字拡大や減益を強いられた企業が相次いだ。食品スーパーなどが販売する総菜や弁当などといった「中食」との競争激化、根強い消費者の節約志向で値上げは難しい。外食各社は省力化のために機械を導入したり、人手不足対応の新業態を手掛けるなど対応を急いでいる。
残り1045文字/全文1230文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年11月14日の主要記事