全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

明日への挑戦 先端農業 攻めに転換、企業が後押し 技術の強み生かせるか 

バジルを栽培するビニールハウスでカメラを確認するMOVIMAS(モビマス)の兒玉則浩社長=岩手県八幡平市
バジルを栽培するビニールハウスでカメラを確認するMOVIMAS(モビマス)の兒玉則浩社長=岩手県八幡平市

 先端技術の強みを生かそうと、企業の農業への参入が相次いでいる。採算性の確保は容易でないが、価値の高い農産品の開発に懸命だ。政府も農業再生につながることを期待、「攻めの経営」に関心が集まる。
雪国でバジル

残り1864文字/全文1984文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年11月12日の主要記事