全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

チップトン 新方式の攪拌装置開発 テイラー過流でナノ素材生成医薬品向け提案 新たな収益の柱に育成

テイラー過流でリング状の渦を作り均等な力で混ぜ合わせる
テイラー過流でリング状の渦を作り均等な力で混ぜ合わせる
 研磨機メーカーのチップトン(本社名古屋市南区豊田3の19の21、小林史明社長、電話052・691・5177)は、ナノ素材の生成などに使える新方式の攪拌(かくはん)反応装置の実用化に成功した。実機開発は世界初という。売上高の約8割が研磨機関連で、新製品を新たな収益の柱に育成する考え。医薬品や化学、食品など今後ナノレベルでの開発が見込まれる業界に売り込む。
残り732文字/全文910文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年11月12日の主要記事