全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込みはこちら

購読・試読のご案内

愛知海運、新サービス展開 バイオマス燃料輸送 マレーシアに現法

バイオマス燃料となるパームヤシ殻(PKS)
バイオマス燃料となるパームヤシ殻(PKS)
 港湾運送などを手掛ける愛知海運(本社名古屋市港区、原弘三社長)は、バイオマス発電用の燃料を東南アジアから日本国内へ輸送する新サービスを展開する。10月末に、マレーシアに現地法人を設立した。同社の海外拠点としては中国、タイに続く3カ国目となる。日本国内で再生可能エネルギーの導入が広がるなか、高い需要が見込めると判断した。主にマレーシアやインドネシアからパームヤシ殻(PKS)を輸入し、物流事業拡大を図る。
残り758文字/全文961文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年11月9日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ