全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

明日を拓く経営 東海で頑張る中小企業 水谷工業 宮城に工場進出、来春稼働 大型製缶やプラント設備で新規開拓

海津市の本社工場
海津市の本社工場
 畜ふん発酵処理設備などを製造する水谷工業(本社海津市海津町深浜110、水谷秋広社長、電話0584・53・0617)は、宮城県岩沼市に工場進出する。大型製缶やプラント製造の新規受注開拓を狙う。投資額は約3億円。生産拠点は本社地区や中国・大連市の工場に続き4拠点目となる。宮城新工場は2020年春の稼働を目指す。
残り642文字/全文797文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年11月6日の主要記事