全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

決算を読む スズキ 19年4~9月期 営業利益40%減の1186億円 インド減速や検査不正響く 通期予想を下方修正 販売てこ入れ巻き返し狙う

 スズキの業績が急速に悪化している。2019年4~9月期の連結営業利益は40・2%減の1186億円だった。前年同期は最高益を更新したが、主力のインド販売の減速に加え、国内の検査不正に伴う生産減、円高といったマイナス要因が重なった。売上高は9・0%減の1兆7554億円だった。今後はインド事業をてこ入れし、巻き返しを狙う。
残り665文字/全文825文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年11月6日の主要記事