全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

明日を拓く経営 東海で頑張る中小企業 ラージック 子会社の介護事業拡大 自動車内装の設計技術活用 介助ロボットなど開発へ

介護事業を手掛けるリィヴァルコーポレーションの本部(中川区)
介護事業を手掛けるリィヴァルコーポレーションの本部(中川区)
 自動車・機械設計技術者派遣業のラージック(本社名古屋市中村区名駅5の28の1、中山文彦社長、電話052・586・0711)は、介護事業の拡大に力を入れる。2007年に総合介護業務を手掛ける子会社「リィヴァルコーポレーション」を設立し、名古屋市内で訪問入浴サービスや有料老人ホームなどを運営している。今後は長年培ってきた機械設計のノウハウを生かし、介護機器の開発にも乗り出す考えだ。
残り660文字/全文851文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年11月5日の主要記事