全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

双光エシックス 紙資料の電子化提案強化 働き方改革、内部統制に対応

さまざまな紙文書を電子化している
さまざまな紙文書を電子化している
 情報処理サービスの双光エシックス(本社名古屋市東区芳野、松浦文雄社長、電話052・979・7811)は、企業などに紙資料の電子化の提案を強化している。保存性や検索性が高まるため保管スペースを取らず、取引先からの情報提供依頼に迅速に対応できる。6日に名古屋市港区で開幕する異業種交流展示会「メッセナゴヤ」に出展し、働き方改革や内部統制の強化、BCP(事業継続計画)対策に役立つことをアピールする。受注拡大で2019年12月期の売上高は、前期比15%増を目指す。
残り568文字/全文798文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年11月5日の主要記事