全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

小規模地熱、適地多く普及 低温可能、バイナリー方式に注力

タグ

 高温の蒸気でタービンを回す従来の地熱発電と違い、沸点が水より低い液体を利用して低温の熱源でも可能な「バイナリー方式」の地熱発電が普及しつつある。多くは出力千キロワット以下で小規模だが、適地が格段に広がり、離島などでエネルギーの「地産地消」...

残り632文字/全文752文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年11月4日の主要記事