全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

鶴田工業所 防災関連製品を拡販 木くず燃料に暖房器具 熱源の発電ユニットも

「わんこ」はアタッシュケースに収納できる
「わんこ」はアタッシュケースに収納できる
 板金加工業の鶴田工業所(本社名古屋市南区豊田5、鶴田修一社長、電話052・692・5014)は、相次ぐ自然災害の発生で防災意識が一段と高まる中、防災関連製品の拡販に力を入れる。まきや端材など木くずを燃料にした暖房・調理器具、発電機を中心に展開しているが、新たに熱で発電する小型の電源ユニットの取り扱いを始め、暖房器具と組み合わせて提案していく。6日から名古屋市港区で開催される「メッセナゴヤ2019」に出展し、製品の有用性をアピールする。
残り616文字/全文836文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年11月2日の主要記事