全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

事業利益が2%減 基板検査装置が不振 ヤマハ、19年4~9月期

 【浜松】楽器大手のヤマハ(本社浜松市)は1日、2019年4~9月期の連結事業利益(国際会計基準)が前年同期比2・1%減の261億円だったと発表した。主力の楽器は中国中心に堅調に伸びたが、プリント基板の検査装置が苦戦した。携帯電話の販売低迷...

残り203文字/全文323文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年11月2日の主要記事