全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

岡本・ナベヤグループ 鋳造品受託加工・生産を拡大 精密加工も一貫受託 短納期化や手間削減

素形材事業で手掛ける鋳造品の例(ターンテーブル㊧と金型機構部品)
素形材事業で手掛ける鋳造品の例(ターンテーブル㊧と金型機構部品)
 鋳造メーカーの岡本(本社岐阜市畷町5、岡本知彦社長、電話058・271・7251)、ナベヤ(社長同)など7社からなる岡本・ナベヤグループは、鋳造品を受託加工・生産する素形材事業を拡大する。中国の環境規制などの影響から生産拠点を国内に戻す動きに対応して近年、岡本、ナベヤ両社とも年間5%程度のペースで同事業を拡大。精密加工も一貫で受託できる強みを生かしつつ、従業員の技能・技術を底上げし、安定した事業成長を図る。
残り550文字/全文756文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年11月1日の主要記事