全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込みはこちら

購読・試読のご案内

決算を読む 日本特殊陶業 19年4~9月期 増収も円高響き減益 自動車・半導体向け低迷 通期予想は下方修正

 日本特殊陶業が28日発表した2019年4~9月期連結決算は、売上高が前年同期比2・9%増の2154億9900万円、経常利益が27・1%減の247億400万円だった。売上高は過去最高。昨年12月に子会社化した米国の酸素濃縮装置関連会社の売り上げが寄与した。しかし、主力の自動車、半導体向けは低調で、円高による為替差損などから減益を強いられた。中国経済の停滞で自動車需要が下振れすると予想し、通期予想を下方修正した。
残り509文字/全文716文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年10月29日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ