全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

商品券事業、申請3割 周知不十分出費も負担消費下支え限定的か

タグ

 消費税増税対策として10月に始まったプレミアム付き商品券事業で、対象者である低所得者のうち、実際に自治体に購入を申請した人が3割程度にとどまっていることが27日、共同通信の調査で分かった。政府による周知が不十分な上に、最大2万円の商品券へ...

残り717文字/全文837文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年10月28日の主要記事