全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

化学反応で繰り返し蓄熱 愛知製鋼などがシステム開発

開発した蓄熱材を用いた装置
開発した蓄熱材を用いた装置

 愛知製鋼は25日、豊田中央研究所(本社長久手市)と近江鉱業(同滋賀県)で共同開発した繰り返し利用可能なカルシウム系蓄熱材の実証に成功したと発表した。400度以上の工場排熱を化学反応により蓄熱し、再利用するシステムの実証は世界で初めてだとい...

残り350文字/全文470文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年10月26日の主要記事