全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

新産業の産声期待 名市内に相次ぎ支援拠点 交流で活性化を

職員室を改装した「なごのキャンパス」のコワーキングスペース
職員室を改装した「なごのキャンパス」のコワーキングスペース
 名古屋市内で創業支援拠点の開設が相次いでいる。25日、旧那古野小学校(名古屋市西区)を改装した「なごのキャンパス」が完成した。名市内では、7月に中部経済連合会を中心にイノベーション施設「ナゴヤ イノベーターズ ガレージ」をオープンしたばかり。さらに愛知県が2021年度をめどに中核支援拠点「ステーションAi(アイ)」を建設する計画だ。各拠点が特徴を出し、連携しながら新たな産業の創出につなげられるか。今後の活動に注目が集まる。(片桐芳樹)
残り1018文字/全文1238文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2019年10月26日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ