全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

決算を読む 石塚硝子 19年4~9月期 新ライン効果で増収増益 ペットボトル中間製品が好調 ガラス瓶低調、通期は下方修正

 ペットボトルの中間製品(プリフォーム)などを製造販売する石塚硝子(本社名古屋市)が24日発表した2019年4~9月期の連結決算は、売上高が前年同期比4・1%増の389億1200万円、経常利益が6・0%増の14億4200万円だった。売上高は過去最高。今期から新ラインが本格稼働し、主要取引先の飲料メーカーから堅調な受注を確保した。ただ、通期予想はガラス瓶の需要減を見込み、下方修正した。
残り585文字/全文778文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年10月25日の主要記事