全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

日本特殊陶業 携帯基地局アンテナ用セラ 高周波多層LTCC量産へ 5G向け「小牧」で小ロット対応

日特が量産化を目指す「高周波用途多層LTCC」(矢印部分)
日特が量産化を目指す「高周波用途多層LTCC」(矢印部分)
 日本特殊陶業(本社名古屋市)は、完全自動運転などを実現する大容量通信社会で活用が期待される「高周波用途多層LTCC(低温同時焼成セラミックス)」の量産化に乗り出す。既に小牧工場(小牧市)の試作ラインで小ロット生産できる段階に入った。通信アンテナに利用するLTCCは従来の樹脂製基板に比べ、熱に強く大容量の通信環境下で負荷がかかる基板として適している。次世代移動通信システム「5G」時代を見据え、通信機器メーカーや携帯電話事業者などに提案する。
残り484文字/全文706文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年10月25日の主要記事