全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

艶金化学繊維 産業用ロボットのアームカバー拡販 ニーズに応じ生地加工 汚れ防ぎ安定稼働サポート

メンテナンス作業の軽減に寄与するロボットアームカバー
メンテナンス作業の軽減に寄与するロボットアームカバー
 生地の染色加工を手掛ける艶金化学繊維(本社大垣市十六町高畑1050、墨勇志社長、電話0584・92・1821)は、産業用ロボットアームカバーの拡販に力を入れる。人手不足や業務の効率化を背景に、産業用ロボの需要は拡大傾向にある。機械汚れなどを防ぎ、メンテナンス作業の軽減に寄与する製品の特徴や、機械の安定稼働をサポートする点をアピール。自動車関連を中心に、電機、機械業界など幅広い業種に売り込む。同事業の売り上げは、現行比5割増の年1億5千万円を目指す。
残り570文字/全文797文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年10月24日の主要記事