全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

大口屋 200周年で記念まんじゅう あす発売 升半と提携、ほうじ茶風味に

升半茶店と提携した新商品「あんぷほうじちゃ」
升半茶店と提携した新商品「あんぷほうじちゃ」
 和菓子の製造販売を手掛ける大口屋(本社江南市布袋町中67、伊藤かね子社長、電話0587・56・3067)は、創業200周年記念菓の麩(ふ)まんじゅうの新商品「あんぷほうじちゃ」を25日に発売する。老舗の升半茶店(本社名古屋市中区)と提携し、同社のほうじ茶を使用。看板商品の麩まんじゅう「餡麩三喜羅(あんぷさんきら)」をベースにして、豊かなほうじ茶風味に仕上げた。秋を彩る銘菓として、1カ月限定で販売する。
残り628文字/全文831文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年10月24日の主要記事