全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

上根精機工業 金属異物除去器の提案強化 食品に加え工業向けも 高磁力マグネット使用

金属異物除去器を手にする上根社長
金属異物除去器を手にする上根社長
 精米設備などを製造販売する上根精機工業(本社名古屋市中川区澄池町、上根崇社長、電話052・352・4111)は製造ラインで使う金属異物除去器の提案を強化する。米などを流す搬送パイプの外側に取り付け、高磁力のマグネットで吸着する仕組み。既存のパイプに簡単に脱着できるのが特徴。製造ラインの不具合の早期発見につながる。展示会の出展拡大などを通じ、衛生管理の意識が高まる食品業界のほか、工業向けの販路拡大を狙う。同製品の売上高は、2020年7月期に前期比2割増を目指す。
残り645文字/全文878文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年10月24日の主要記事