全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

企業立地特集

未来を拓く東京モーターショー (上) 電動車時代いよいよ 国内メーカー相次ぎEV投入 レクサス、中・欧に20年マツダも初量産型

トヨタ自動車が発表したレクサスのEV試作車=23日、東京都江東区
トヨタ自動車が発表したレクサスのEV試作車=23日、東京都江東区
 国内の完成車メーカーが電動車の開発、投入を加速させている。23日に報道公開された「東京モーターショー」ではトヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」が初の電気自動車(EV)を2020年にも中国、欧州などに投入する計画を発表したほか、マツダが初の量産EVを披露。EVで先行する日産自動車はSUV(スポーツタイプ多目的車)、軽規格自動車のEV投入方針を明らかにした。電動車時代の本格到来に合わせ、各社とも車種ラインアップの拡充で主導権を握りたい考えだ。
残り800文字/全文1024文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2019年10月24日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ