全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

6.1%増の20万5175台 19年度上半期の愛知県新車販売 消費増税前で需要拡大

 愛知県の2019年4~9月期の新車販売台数(軽自動車を含む)は、前年同期比6・1%増の20万5175台だった。今年10月の消費増税を前にした駆け込み需要があったほか、大型ミニバンやSUV(スポーツタイプ多目的車)系車種が根強い人気で推移した。登録車ではトヨタ自動車、ホンダが販売好調だった一方、不正検査問題などのイメージダウンで日産自動車の低迷が続いた。
残り586文字/全文764文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年10月23日の主要記事