全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

大丸松坂屋

語り残す 戦争の記憶 第4部 (3)母の看病で生き永らえた 北九州市 高屋ツタヱ(たかや・つたえ)さん(89) 長崎原爆に遭った

孫やひ孫たちの写真が飾られた部屋で、長崎原爆に遭った体験を語る高屋ツタヱさん
孫やひ孫たちの写真が飾られた部屋で、長崎原爆に遭った体験を語る高屋ツタヱさん

 幼い頃に父を亡くし、太平洋戦争後期、長崎市の北側に隣接する長崎県長与町の三菱兵器工場で魚雷の修理をしていた。15歳だった1945年8月9日、原爆に遭った。工員の昼食を準備中、突然辺りが明るくなり、爆風で吹き飛ばされた。南の方には、黒い雲が...

残り758文字/全文878文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2019年10月22日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ