全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

ワシントンホテル インバウンド取り込み強化 海外営業チーム発足 宿泊者数比率倍増へ

名古屋栄ワシントンホテルプラザ(名古屋市中区栄)
名古屋栄ワシントンホテルプラザ(名古屋市中区栄)
 ビジネスホテルを運営するワシントンホテル(本社名古屋市、内田和男社長)は、インバウンド(訪日外国人)の宿泊需要の取り込みを強化する。このほど、海外営業を担うプロジェクトチームを立ち上げた。海外の旅行商談会に出展するなどしてアピールする。外国人宿泊者数比率は現在、18ホテルを展開する「ワシントンホテルプラザ」で7・7%だが、倍増を目指す。
残り667文字/全文837文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年10月22日の主要記事