全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

名古屋市内のシティーホテル 「ハロウィーン」新サービス展開 客室開放や子どもの食事代無料など 魅力発信、集客狙う

名古屋プリンスホテルスカイタワーは初めて、客室を無料開放する(写真はイメージ)
名古屋プリンスホテルスカイタワーは初めて、客室を無料開放する(写真はイメージ)
 31日の「ハロウィーン」を前に、名古屋市内のシティーホテルが新サービスを打ち出している。名古屋プリンスホテルスカイタワー(名古屋市中村区平池町)は、初めてカボチャの形をしたオブジェなどで飾り付けを施した客室を無料で開放。名古屋観光ホテル(名古屋市中区錦)なども、レストランで限定企画を実施する。市内ホテルは宿泊特化型のビジネスホテルを中心に新規開業が相次ぎ、競争が激化。秋のイベントとして定着しつつあるハロウィーンをきっかけに、シティーホテルならではのレストランや客室の魅力を発信し、集客増につなげたい考えだ。
残り680文字/全文936文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年10月19日の主要記事