全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

ヒミカ 介護記録 ロボットが「記憶」 利用者カードを読み取り 現場の業務負担軽減

ロボットにカードをかざすだけで介護内容を記録できる
ロボットにカードをかざすだけで介護内容を記録できる
 システム開発のヒミカ(本社豊橋市花田町荒木95、渡邉力夫社長、電話0532・31・0012)は、介護内容の記録を助けるロボット「ヒムボット」を開発した。12月に発売する。福祉施設の利用者が来所したり入浴する際にロボットに専用カードをかざすだけで、その内容を電子データとして残せる。介護業界で人手不足が深刻になる中、業務負担を減らしたいというニーズに応える。
残り538文字/全文717文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年10月17日の主要記事