全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

飛騨フォレスト ヒノキチップ普及に力 「ひのき枕」拡販や新たな用途創出

自社製品「ひのき枕」とヒノキのチップ
自社製品「ひのき枕」とヒノキのチップ
 家具メーカーの飛騨フォレスト(本社下呂市萩原町古関248の2、今井康徳社長、電話0576・52・4460)は、東濃ヒノキを素材としたヒノキチップの拡販に力を入れる。調湿効果や抗菌作用、香りの良さなどを武器に、チップを詰めた自社ブランド製品の枕の販路開拓や、OEM(相手先ブランドによる生産)供給先の拡大、新たな用途開発による需要の創造などを推進して、3年後に部門売上高2千万円をめざす。
残り461文字/全文655文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年10月1日の主要記事