全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

物語コーポレーション 25年6月期、国内外で1000店規模に拡充 国内では新業態も 中国、インドネシア多店舗化

国内では焼き肉店など既存業態を軸に店舗を増やす
国内では焼き肉店など既存業態を軸に店舗を増やす
 外食チェーンの物語コーポレーション(本社豊橋市)の加治幸夫社長は、2025年6月期中に国内外の店舗を1千店規模(19年6月末は515店)に拡充する方針を示した。国内では焼き肉やラーメンなど既存業態に加え、新業態を開発する。海外では中国とインドネシアで多店舗化を進める。1949年の創業から約70年かけて今年500店に到達したが、わずか6年でさらに500店増やす。出店ペースを加速させ、大台超えを狙う。
残り712文字/全文913文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2019年9月30日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ