全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

ごみ燃料発電終了 県、高コストで

タグ

 三重県は17日、桑名市にある「三重ごみ固形燃料(RDF)発電所」での発電事業を終了した。ごみを資源に活用するとして2002年に稼働したが、高コストで累積赤字額は昨年度までに約24億円に膨らんでいた。
 リサイクルや焼却処理への...

残り213文字/全文333文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年9月18日の主要記事