全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

やまと興業 四輪用デフ部品を生産 本社工場で 22年、ベトナムでも

新たにデフ部品を生産開始した本社工場(浜松市)
新たにデフ部品を生産開始した本社工場(浜松市)
 四輪車や二輪車の部品を手掛けるやまと興業(本社浜松市浜北区横須賀1136、小杉知弘社長、電話053・586・3111)は、本社工場で四輪車のデファレンシャル(差動装置)構成部品(デフ部品)「ポジションスイッチ」の生産を開始した。同社がデフ部品を生産し、納入するのは今回が初めて。今後の受注に応じて、早ければ2022年にベトナム工場でも生産する。従来のパイプ部品などに加えて生産品の幅を広げることで、一段の成長を目指す。
残り512文字/全文722文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年9月13日の主要記事