全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

エフリード ミセス向け新ブランド好調 着心地の良さ評価、取り扱い店舗拡大 今期目標70店達成へ

服飾雑貨を加えたコーディネートを提案している
服飾雑貨を加えたコーディネートを提案している
 豊島の子会社で婦人アパレルのエフリード(本社名古屋市中区、常川健志社長)は、ミセス向け新ブランド「プラウドオブ」が好調だ。今春に立ち上げ、全国の総合スーパー(GMS)約20店で取り扱いが始まったが、着心地の良さなどが消費者に好評で、現在、取扱先は55店に拡大。2020年6月期に目標とする70店の販路確保が視界に入ってきた。
(吉川英司)
残り390文字/全文559文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2019年9月10日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ