全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

ラグビーW杯20日開幕 中部で受け入れ準備着々 日帰りツアーや新メニュー登場

関市のカフェ「カフェ・茶房 宗休」が提供する「ラグビー応援パフェ」
関市のカフェ「カフェ・茶房 宗休」が提供する「ラグビー応援パフェ」
 20日に開幕するラグビーワールドカップ(W杯)日本大会。本番を間近に控え、中部でも盛り上がりを見せている。国内外から大勢のラグビーファンが観戦に訪れるとされ、ホテルや旅行会社が需要の取り込みに力を入れている。小売りなどで関連グッズを販売する動きも広がりつつある。試合が行われる豊田市では受け入れ体制を着々と進めている。サッカーW杯ほどメジャーではないが、特需であり、地域の魅力を発信する大きなチャンスでもあり、関係者の期待が高まっている。
残り1365文字/全文1585文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年9月7日の主要記事