全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

メッセナゴヤ ハッピーベル 遠隔診療システム、介護施設に提案強化 生体センサー付き新商品も

タブレット端末による遠隔診療システムのイメージ
タブレット端末による遠隔診療システムのイメージ
 システム開発のハッピーベル(本社可児市広見1の41、福森鉄雄社長、電話0574・61・1747)は、介護向け遠隔診療システムの提案を強化する。同システムはビデオチャットシステムにより、介護側と入所者が画面上で顔を見ながら通話できるのが特徴。介護側の負担軽減だけでなく、入所者に安心感を与えるのが売りだ。現在、見守り用の生体センサー付き新システムを開発しており、早ければ10月にも商品化する。
残り424文字/全文620文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら

2019年9月6日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ