全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込みはこちら

購読・試読のご案内

自然災害に備える 名古屋の中小企業 (上) 事業継続へ進化する対策 周知徹底、実効性高める

フジチュウは工場設備に落下防止の金具を取り付けた(写真は加藤社長)
フジチュウは工場設備に落下防止の金具を取り付けた(写真は加藤社長)
 地震や豪雨など近年、日本で自然災害が多発している。広範囲にわたり甚大な被害が想定される南海トラフ地震は30年以内に70~80%の確率で発生するとされ、企業にとって防災・減災対策は喫緊の課題だ。「人がいない」「時間、ノウハウがない」などと中小企業の対策は遅れているが、災害大国日本を生き抜くために「備え」は欠かせない。災害に向き合い、行動に移す名古屋の中小企業に迫る。
残り1201文字/全文1385文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年9月5日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

旭川市企業立地 分譲中

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ