全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

購読・試読のご案内

明日を拓く経営 東海で頑張る中小企業 発知商店 家庭にサーバー貸し出し 本格ビール、設置・撤去を代行

貸し出しを開始したビールサーバー
貸し出しを開始したビールサーバー
 酒類小売りの発知商店(本社岡崎市柱曙1の3の5、發知良介社長、電話0564・55・1255)は、ホームパーティー向けのビールサーバー貸し出し事業を開始した。岡崎市内なら設置から撤去まで代行し、手間不要でたる入りの本格ビールを楽しんでもらう。ビールの消費減退に加え量販店などの価格攻勢に押される「街の酒店」の生き残り策の一環。同社では店内の一角で少量ずつ立ち飲みする「角打ち」の復活も計画中で、「好みの銘柄を選びやすくするなど、家庭で酒を楽しむためのさまざまな提案を打ち出していく」(發知稔貴専務)方針だ。
残り663文字/全文916文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
名古屋モーターサイクルショー in Aichi Sky Expo

2019年9月2日の主要記事