全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

名港海運 IT駆使し省人化・省力化 飛島村の大規模物流センター 来月から全面稼働 好立地いかし拠点集約へ

来月から全面稼働する名港海運の西二区物流センター南1号(愛知県飛島村)
来月から全面稼働する名港海運の西二区物流センター南1号(愛知県飛島村)
 名港海運(本社名古屋市、高橋広社長)は、愛知県飛島村で建設を進めていた同社最大規模の物流センターを8月末にしゅん工し、9月から全面稼働する。トラックの入退場や貨物の出し入れを管理するシステムなど、IT(情報技術)を導入して省人化・省力化を図る。自動車関連部品などの取り扱い貨物量の増加に対応するとともに、老朽化した一部倉庫や借庫を段階的に集約し、輸送や作業の効率を高める狙い。(竹田ゆりこ)
残り727文字/全文923文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
中経マイウェイ新書 “ココ一番”の真心を

2019年8月17日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

チカマチラウンジ

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ