全国唯一のブロック経済紙 愛知・岐阜・三重・静岡の経済情報

中部経済新聞 購読者向け中経企業年鑑データサービス申し込み・ご利用はこちら

購読・試読のご案内

ホワイトハウス 国家整備士3級以上対象に 一律月3万円を支給 残業削減へ働き方改革推進

木村文夫社長
木村文夫社長
 自動車販売のホワイトハウス(本社名古屋市名東区、木村文夫社長)は国家整備士3級以上の資格者を対象に、残業がゼロでも一律月3万円を特別支給する制度を導入した。時給換算して月3万円超の時間外労働賃金は別途支給するが、月の時間外労働の賃金分が3万円に満たなくても一律3万円を払うのが特徴だ。「早く仕事を終わらせたほうが得になる」と整備士にインセンティブを与え、仕事の効率をアップさせるのが狙いだ。ディーラー業界でも、珍しい制度だという。(倉科信吾)
残り427文字/全文649文字

記事をもっと読むには・・・

中部経済新聞 記事閲覧サービスのご案内
メールマガジンはこちら
チカマチラウンジ

2019年7月22日の主要記事

業種記事一覧

地域記事一覧

会社概要メニュー

取材ノート

出版物のご紹介 一覧へ

中経企業年鑑登録

イベント情報一覧へ